日本伝統の挙式スタイル 厳島神社挙式

日本伝統の挙式スタイル「神前式」。
世界遺産であり、日本を代表する神社
「厳島神社」からそのスタイルを学ぼう。

厳島神社とは

厳島神社は、平安時代の寝殿造りを海の上で叶えるという独創的な構成と、美しい朱塗りの社殿や大鳥居が目を引く名社である。背後に構える弥山の緑や瀬戸内海の青によって一段と素晴らしい景観を創り上げている。


厳島神社の由来

厳島神社の創建は推古天皇元年(593 年)と伝えられている。今日のような回廊で結ばれた海上社殿は、平安後期(1168 年)に厳島神社を崇敬していた平清盛が造営したものである。


宮島でのウェディングイベント開催中!宮島ブライダル情報はこちら宮島での挙式が叶えられる会場

大鳥居

厳島神社のシンボルともいえる朱塗りの大鳥居。クスノキでできた大鳥居の根元は地中に深く埋まっているのではなく、実は鳥居の重みだけで立っている。杭を打ち地盤を強化したり、上部の箱形の島木に石を入れ重しにしたり、と先人の知恵と技が存分に生かされた造りとなっている。

社殿

厳島神社の社殿には、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)・湍津姫命(たぎつひめのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)の三女神が祭られている。現在の社殿は元亀 2 年(1571 年)に毛利元就によって改築されたもの。
 



海に浮かぶ神社

朱塗りの社殿は、潮が満ちると海に浮かんでいるような幻想的な姿を見せる。また干潮時には浜を歩いて大鳥居まで渡ることができる。潮の干満と共に景観の変わるこのような建造物は、他に類を見ない厳島神社ならではの素晴らしい特長といえる。

回廊

特殊な海上立地のため、厳島神社の回廊には床板の間に目透しという隙間がある。高潮時には下からの水力を弱め、海水等を海へ流すという役割を果たしている。
 



厳島神社挙式Q&A

「由緒正しき美しい神社で結婚式を!」と思っても、意外と知らない厳島神社挙式の実情。素朴な疑問から知っておきたい注意事項までをQ&Aで紹介するよ。ここでしっかりと厳島神社挙式を理解して、憧れの挙式を叶えよう!

STEP1 予約をしよう

まずは予約。
注意すべきポイントも多いから、
きちんと理解して挙式日を予約しよう


厳島神社の予約方法※原則、新郎新婦ふたりが手続きをする。

予約手順

1.新郎・新婦本人の電話にて仮予約(1年前の
    月初めからその後1カ月間の予約受付開始)

2.確認書に挙式日・氏名・見学希望日を記入し
    提出

3.挙式見学・説明を受ける

4.申込書を提出し、本予約完了

月や時期によっては、挙式を行えない場合があるから注意して。事前に確認を!


気象状況やそれに伴う被害状況によっては急遽、結婚式を執り行うことができなくなる場合や、宮島航路の連絡船の欠航があることを理解しておこう


問い合わせはこちらまで
厳島神社 祭儀課  (0829)-44-2020
問い合わせ時間  9:00 〜 16:00



STEP2 準備をしよう

予約が取れたら、
いよいよ挙式に向けての
準備開始手配漏れのないようにチェック!

厳島神社の予約をしたら次は何をしたらいい?
衣裳、美容、写真、招待状や披露宴等の準備・手配をしていくよ。プロデュース会社や披露宴会場がサポートしてくれるので、何でも相談してみよう。
挙式は何人まで参列可能?
両家の親族それぞれ 20 名まで。追加は不可。友人等の参列は計 10 名まで。親族席に友人が座ったり、友人席に親族が参列することはできないから要注意。
参列者の服装は?
格式ある神社での挙式なので、父親が紋付き袴で参列することもあるよ。参列者も節度のある服装でなければ、式に参加できない場合もあるので注意が必要。
衣裳はどんなものが人気?
やっぱり白無垢が人気で主流。他には十二単を希望するカップルも増えてきてるよう。
衣裳等の持ち込み料はかかるの?
厳島神社での挙式には持ち込み料はかからないよ。ただし、披露宴をする会場等では持ち込み料が必要な場合もあるから、事前に確認して。
着付けはどこでする?
神社には基本的に控室がないので、披露宴会場や宿泊先のホテル等での着付けが必要。ゲストについても同様だよ。
披露宴会場はどのくらい前に予約したらいい?
行楽シーズン等は人気で比較的早く会場が埋まってしまう場合もあるので、厳島神社の仮予約をした時点で挙式会場も決めた方が良い場合も。余裕を持って準備を進めるために、半年前予約がオススメ。
自分達だけで準備するのとプロデュース会社にお願いするのはどう違うの?
挙式は自分達でも手配できるが、プロデュース会社に頼むこともできる。挙式時間と披露宴時間の調整や、各種手配の代行(挙式予約を除く)、当日までのスケジュール管理、当日のゲストへの案内等、新郎・新婦の代わりに全体を把握しての行動・サポートが可能だ。

神社には冷暖房設備はなし。特に、寒い時期の挙式でもコート等の脱衣が義務付けられているから、防寒対策はしっかりと!



STEP3 当日は・・・

挙式当日は移動や
着付け等でふたりは大忙しだけど、
事前に流れや注意点を把握しておけば大丈夫!


写真やビデオはいつでもどこでも撮れるよね?
厳島神社での挙式中の撮影は、参列者が写真やビデオで撮影することはできないよ。場所によっても制限があるので、神社の意向に沿うようしっかりと確認して!撮影する場合には事前に問い合わせを。式進行の折々で撮影できない箇所があるから、挙式の流れや注意点を十分理解しているプロカメラマンにお願いするのがオススメ!

神前式ってよく分からないんだけど…
当日の式では、典儀(式の司会進行役)がその都度案内してくれるので、作法等も心配しなくて大丈夫。美容スタッフの人が介添人の役目を果たして、挙式時に付き添ってくれることも。
神社に控室はある?
友人のための控室はないけれど、親族の控室はあるよ。ただし準備等は開式の30分前までに済ませておくことが必要。神社内は禁煙。国の文化財なので丁寧に扱うことを忘れずに。

神社には式の何分前に到着しておけばいいの?
出席者は、神職が式の説明をするために開式30分前に厳島神社内の「朝座屋」に集合してもらうことに。それより以前に到着しても、入場はできないので注意を!
移動はどうするの?
着付けが済み、披露宴会場や宿泊先のホテルからの移動は、マイクロバス(大きさの制限あり)、チャーター船、フェリー等があるよ。各プロデュース会社や披露宴会場等で手配が可能。移動手段はそれぞれ異なるので、問い合わせてみて。

編集部からのアドバイス

厳島神社は古くからの歴史を今に残す重要な建造物。毎日多くの観光客も訪れているよ。気持ちよく挙式できるよう、マナーやしきたりをしっかり理解して、厳島神社挙式を楽しんで!式後には人力車で宮島を一周するのもオススメ。



宮島、宮島周辺のオススメ宿はこちら!

 厳島神社に一番近い本物の数奇屋造の宿

宮島グランドホテル 有もと

詳細はこちら

TEL:0829-44-2411
広島県廿日市市宮島町南町 364

「大事な人を大事におもてなし」がモットーの、創業から400年の歴史をもつ和風リゾートホテル。瀬戸内海の山海の幸をふんだんに使った和風会席と、眺望を楽しめる露天風呂付客室が人気。快適な大人のくつろぎ空間を楽しめる。

 「宮島」を対岸に望む絶景とサービスが魅力

安芸グランドホテル

詳細はこちら

TEL:0829-56-0111
広島県廿日市市宮島口西 1-1-17

瀬戸内海の美しい景色と、対岸に「宮島」を望む贅沢なロケーション。美味しい料理と細やかなサービスが人気のホテル。毎日運行している「世界遺産ナイトクルージング」も大好評。JR宮島口からは便利な送迎バスを利用できるよ。

 宮島を望む高台にある癒しの小宿

庭園の宿 石亭

詳細はこちら

TEL:0829-55-0601
広島県廿日市市宮浜温泉 3-5-27

宮島を眺望する高台の斜面を利用した10室ほどの閑静な宿。海・宮島の景色を取り込んだ客室の配置は、それぞれの個性を創り出している。瀬戸の海の幸と山の幸を取り入れ細部にまでこだわった繊細な会席料理を、目と舌で楽しんで。


取材協力/厳島神社
※「厳島」と「宮島」の表記については、神社に関する項目には「厳島」、観光記事については「宮島」と記載させていただきます。
写真協力/安芸グランドホテル、蔵宿いろは、庭園の宿 石亭、弁天の宿いつくしま、ホテル みや離宮、宮島グランドホテル有もと、ラ・マリアージュ(50音順)

このページのトップに戻る