岡山で料理の試食ができるフライダルフェアを探そう!

至福のひと皿が生む最高のおもてなし!
婚礼料理にこだわろう

ふたりはもちろん、ゲストの心に残るステキな結婚式を叶えるための要素として欠かせないのが「料理」。自分達のためにはるばる集まってくれたゲストへのおもてなしとして、料理にはゼッタイにこだわりたい!

先輩カップルに聞いた!
婚礼料理事情

1人あたりの料理費用は?
(飲物料金は除く)

1万円台半ばがボリュームゾーン
お金をしっかりかけたいポイント

料理には妥協をしたくないカップルも多く、1万円~2万円の間がボリュームゾーンに。ゲストが楽しみにしている項目だけに、しっかりと費用をかけたいところ。まずは試食で、内容と料金とのバランスをチェックしよう。

料理の内容はアレンジした?

おもてなし感を表すために
料理内容に妥協は禁物!

会場が用意したメニューは、そのままでも高い満足度。最近では、メニューをアレンジしたり、オリジナルコースを作ったりと、こだわり派のカップルにも対応できる会場も増加。対応できる内容を、会場に相談しておこう。

料理の種類は何を選んだ?

ゲストが親しみやすい味わいを
求めるカップルが増加中!

フレンチや和食、中華やイタリアンなどのフルコースでおもてなしを表現する人も多いが、近年は箸で食べられたり、親しみやすい和の味わいを取り入れたメニューも増えたり、老若男女を問わず楽しめる折衷が人気!

婚礼料理で押さえておきたい!
ゲストが喜ぶポイント

地元食材やふたりに縁ある
食べ物を使うなど
料理にふたりらしさを織り込んで

料理にもふたりらしさを織り込みたいなら、オリジナルのメニューにも対応してくれるかどうか相談してみよう。地元ならではの食材や、ふたりに縁の深い食べ物を取り入れるなどのひと工夫で、ゲストの印象もアップ。前菜・メインなど用意されたいくつかのパターンの中から、好みのものを組み合わせることができたり、事前にゲストが好きなコースを選べる会場も。

アレルギー対応や
お年寄り、子ども用など
ゲスト一人ひとりに応じた配慮を

アレルギーを持つ人や食事制限のある人、お年寄り、小さな子どもなど、それぞれのゲストに応じて、メニューを変更するなどの配慮も大切。みんなが美味しく料理を食べられるための心遣いは、ゲストにとってもうれしいもの。近頃はあらかじめ伝えておけば細やかに対応してくれる会場も多数ある。前もって会場スタッフにどこまで対応が可能なのかを相談しておこう。

女性や子どもに喜ばれる
楽しさ弾む「デザートビュッフェ」

コースとは別に、ひと口サイズのケーキやフルーツなどを並べ、ゲストにビュッフェ形式で楽しんでもらう「デザートビュッフェ」も人気。披露宴中ゲストは席を離れることは少ないので、デザートビュッフェを取り入れることで気分転換を図ってもらえるほか、近い距離で触れ合えるのがグッド。ガーデンが使用できる会場なら屋外の風を浴びながらのひと時を楽しむのもいいし、ふたりでゲストにサーブするなどの工夫で、華やかさもさらにアップする。

会場自慢の味をチェック
試食に行ってみよう!

結婚式の費用の中で、大きなウェイトを占める料理。それだけにどういう内容が提供されるのかは気になるところ。会場の見積もりで提案されているメニューがどの程度の内容・ボリュームか、試食に訪れた際に確認をしてみよう。ここでしっかりと確かめておけば、見積もりの検討もしやすく。価格と内容のバランスをよく見ておこう。

丁寧なサービスに感動した!
安心して任せることができると実感

「年齢層が高めのゲストを中心にお招きしていたので、きちんとしたサービスが受けられるかどうか心配でした。実際に訪れると、丁寧な接客に感動。料理ももちろん美味しくて、ココなら安心して任せられると感じました」


思っていたより
内容充実でビックリ!
見積り価格に納得できました

「見積もりが低めの金額設定だったので、どれだけの内容が入っているのか確かめるために試食へ。ミニコースを順番に提供してもらったのですが、思っていたよりも内容充実。これなら大丈夫だと安心できました」


私達が自信をもって
おすすめできる料理を選べた!

「ゲストのみんなの喜ぶ笑顔が見たくて、私達が自信を持っておすすめできる料理を探していました。試食を中心に、数件の会場を巡り、ついに出会えた『理想の一品』! ゲストからも好評で、とても喜んでもらえました」


気軽に試食ができる
地元結婚式場の
ブライダルフェアはこちら!