1. 結婚式情報のウェディングスタイル
  2. 結婚準備マニュアル
  3. [顔合わせ・結納] 広島式 結納のすすめ。 その1

顔合わせ・結納

広島式 結納のすすめ。:結納式、結婚式、披露宴の三式から成り立つ婚礼。結納式はその一番最初に催す大切な儀式。両家の円滑な交流を深め、自分の気持ちにケジメをつける…。ちょっぴり堅苦しく感じるかもしれないけど、本来の意味をしっかり理解して、ぜひ執り行ってみて!

「結納・顔合わせ」やること完璧リスト

結納の流れ順に「やること」「準備すること」を大公開! このリストをチェックしながら準備を進めれば大丈夫。 一生に1度の大切な儀式をきちんと修めれば、両家の絆もぐっと深まり素敵な思い出にきっとなるはず!
>>顔合わせ・結納会場を探す


◇結婚意志報告

結婚の意志が固まったら、お互いの両親にそのことを報告し、承諾を得よう。先に新婦宅に新郎が訪問することが多い。服装はスーツなど、きちんとした格好が無難。

やること
  • 訪問する日取りを決める
  • 手土産を用意する…訪問する際には手土産を用意して。相手側の両親の好みの品や地物を持っていくと喜ばれる。
◇顔合わせ(根切り・かため)

伝統的に広島では、顔合わせの際に「根切り・かため」と呼ばれる儀式を催すことがある。具体的には「結び酒」と呼ばれる熨斗付きの酒と魚(栄名料)を新郎側から新婦側に贈り、お礼の言葉を持って結婚賛成の意志を表す。その後、食事会を開き、その席で結納の詳細(日取りと場所)を相談する。

やること
  • 結び酒と魚(栄名料)を用意する
  • (納める側が)結納スタイル・結納品の品目数等を決める。
    結納の風習は地方によってしきたりが異なるため、他地方の人との縁組みの場合はとまどいがち。基本的には納める側(新郎側)の慣習に合わせて執り行うようにしよう。先方に対する敬意や感謝の気持ちを結納の品に託すものだから、相談の必要はなし受ける側(新婦側)も口出しをしないことが結納における暗黙のマナーとなっている。
  • 食事の席を設ける。結納の日取りと場所を決める。

    料理の内容は、洋食・和食どちらでもOK。この際の食事代は新郎側・新婦側で折半しても良い。

    【食事の席を設ける前に】

    結納品・婚約記念品等を購入、家族書や親族書、受書を作成しておこう家族書と親族書は双方の親族も賛同の意を示すものとしての意味を持つ。結納をしない時は、早めに作成し、顔合わせの席で取り交わそう。

根切り・かため進行例

[新婦宅での挨拶] 新郎父「本日はお日柄もよろしく、かための印として決め酒を持参いたしました。幾久しくご受領くださいませ」

[新婦のお礼の言葉] 新婦父「誠に丁寧なお言葉を賜り、ありがとうございます。幾久しく頂戴いたします」

◇結納 (※女性側の自宅で、仲人を立てずに執り行う場合の例)

広島の結納品は5品or7品、まれに9品の場合も結納の際の祝い膳の酒肴が転じたものが結納品。末永い繁栄を願う品々で、婚約の証として相手に納める。広島で基本となるのは、「熨斗(のし)」「寿栄広(すえひろ)」「御帯(おんおび)」「松魚(かつお)」「家内喜多留(やなぎだる」の5品目。これに「結美和(ゆびわ)」「高砂(たかさご)」を足して7品目にすることもある。まれに「寿留女(するめ)」「子生婦(こんぶ)」が加わり9品目になることも。

結納品(9品目)の例。目録・受書なども用意しておく。

>>結納品を探す

やること
  • 新郎側が新婦宅へ到着

    結納の儀式は午前中に執り行うものとされている。大安・友引の日を選ぶとベストだ。

    ○新郎側・・・到着したら、新郎父・母は扇子、新郎は結納品を持ち、玄関先にて一礼。

  • 結納品の飾り付け

    床の間に毛せんを敷いて新郎側が結納品を飾り付ける。床の間のない場合は部屋の上座へ。
    机等に飾り付けてもOK。

    ○新郎側・・・「本日は床の間を拝借します」とひと声かけて飾り付け開始。この時は無言で。

    ○新婦側・・・床の間を拝借する旨を伝えられたら、「どうぞご用意ください。何かお手伝いすることがございましたら、申しつけください」と伝え、退出。

  • 全員着席

    準備が整ったら、新婦側を呼び一同着席(床を中心に上座より新郎父、新郎母、新郎、下座に新婦父、新婦母、新婦の順に着席)。一礼。

  • 結納式開式の挨拶

    ○新郎側・・・新郎父「この度は、息子とお嬢様との縁談ご承諾くださいましてありがとうございます。ただいまから結納の儀式を始めさせていただきます」

  • 結納納めの言葉

    ○新郎側・・・新郎母は床の間に飾ってある目録を新郎父の前に運び、新郎父は新婦父へ目録を渡す。
    新郎父「本日はお日柄もよろしく、婚約の印として結納を持参いたしました。 どうか幾久しくめでたくお納めください」

  • 新婦側が結納を受領する

    新婦父・母、新婦は目録にかかったふくさを外し上座に広げて置き、中身を拝見。その後、一同礼。

    ○新婦側・・・新婦父「ただいまは誠に丁寧なお言葉を賜り、また結構な結納の品々をいただきまして誠にありがとうございます。幾久しくお受けします」
    新婦母・新婦「ありがとうございました」

  • 新婦側が受書を渡す

    新婦父は用意しておいた受書を新郎父の前に運ぶ。

    ○新婦側・・・新婦父「先程は大変結構な品々をいただきまして誠にありがとうございました。これは受書でございます。どうぞお納めください」

  • 新郎側から受書受取の言葉とお開きの挨拶

    新郎父は受書の中身を確認する。その後、一同礼。

    ○新郎側・・・新郎父「ご丁寧にありがとうございました。納めさせていただきます。以上を持ちまして結納の儀式相整いました。ありがとうございます。結納の儀が無事整いましたので、若いおふたりから今の気持ちをひと言ずつお願いします」

  • 新郎・新婦の言葉

    お互いの両親や、婚約者に対するメッセージをひと言ずつ述べる。

    ○新郎側・・・新郎(例)「本日は私たちの結納の儀が無事整い、誠にありがとうございました。結婚に向けての第一歩を踏み出すことができました。いつも温かく見守ってくれた両親のおかげと感謝しています。これからふたりで力を合わせ、(新婦の名前)さんのご両親と私の両親を手本に、お互いを思いやり、 幸せな人生を送る努力をいたしますので、よろしくお願い申し上げます」

    ○新婦側・・・新婦(例)「本日はありがとうございました。いただいた結納の品々を実際に目にしてみて(新郎の名前)さんだけでなく、ご両親様からもとても大切に思っていただいていることを感じ、とても幸せです。これからふたり仲良く、お互いの両親を大切に思い、 ふたりで力を合わせて私たちの家庭を築いていきます。これからもよろしくお願い申し上げます」

  • 食事の席を設ける
    食事代は新婦側が負担。この際に料亭やホテル等を利用しても良い。
    婚約指輪はこの時に披露する。
次は広島 その2
 その1|その2

結婚準備の疑問を、ウェディングスタイルで解決しよう!!

ブライダルカウンターで相談する

ブライダルカウンター

結婚に関する疑問や質問を、先輩カップルやウェディングのプロ、ブライダルカウンターが答えてくれるから、ぜひ参考にして!

ウェディングQ&Aで質問する

ウェディングQ&A

会場選びはブライダルカウンターにお任せ。プロのアドバイザーがふたりにぴったりの会場を無料でアドバイスします!



地域の最新ウェディングニュース

お役立ちコンテンツ

ベストカード.jp
ウェディングQ&A

Q&A一覧を見る

「ウェディングスタイル」のご案内

ウェディングスタイル最新号
詳細はこちら

モバイル版ウェディングスタイル

QRコード

左のバーコードから
携帯サイトへアクセス!
会場&ショップ情報も
検索できるよ☆

送信

※当サイトでは、個人情報の通信の際、
SSL暗号化通信を採用しております。