1. 結婚式情報のウェディングスタイル
  2. 結婚準備マニュアル
  3. [マタニティウェディング] 結婚準備の進め方 その1

結婚が決まったら

おめでた婚だって ハッピーウェディング!:近年増えている「おめでた婚」&「お急ぎ婚」。通常の結婚準備と比べて、大変なことが多そうだけど きちんと結婚式をしたい…。 そんなふたりのために、「ウェディングスタイル」編集部が徹底リサーチ「おめでた婚」&「お急ぎ婚」に役立つ情報を集めてみたから、ぜひ参考にしてね。

おめでたになってもあきらめないで。ハッピーなウェディングはきっと叶う!

近年増えている「おめでた婚」。お腹に赤ちゃんを抱えたままでのウェディングはなかなか大変。だったら結婚式は控えめに…と考える人もいるけれど、ちょっと待って。産婦人科医のアドバイスを受け、適切な時期に準備を進めれば、お腹への負担もぐっと減る。思い通りの結婚式を叶えることも可能に!しかも、ウェディング会場はもちろんのこと、各ショップでも「おめでた婚」をしっかりサポートしてくれるところが増加中。「おめでた婚」ならではの限定プランが用意されていることもあるので、お得に結婚式を叶えることもできちゃう。大切なのはふたりの気持ち。素敵な結婚式をあきらめないで!

妊娠していることが分かったら、まずは産婦人科医に相談を!

妊娠したかな?と思ったら、まずは最寄りの産婦人科医に相談を。そこで、おめでたが分かったら、ふたりでじっくり話し合いをしよう。結婚式をすることになったら、産婦人科医に改めて相談をし、結婚式までのスケジュールについて話し合おう。もちろん、両親への報告も忘れずに。実際に結婚式をする場合は、妊娠5〜7カ月頃の安定期に執り行うことがベター。それまでにできる準備は進めておきたいところ。結婚式場への申し込みはもちろん、新居の手配や職場への報告等、するべきことはもりだくさん。花嫁のメンタル面にも負担がかかる時期なので、花婿はしっかりサポートを。

妊娠中に気を付けたいことって何?

妊娠時の女性の体は、とてもデリケート。結婚準備をしても大丈夫かな? そんな不安を持った花嫁の疑問にお答えするよ!

つわりが気になります。結婚式の時も不安で…

つわりは、妊娠5〜7 週間頃(2 カ月目)から始まり、8〜10 週(3 カ月目)でピークを迎え、12〜14 週目(4 カ月目)には治まります。続く16〜28 週目(5〜7 カ月目)がいわゆる安定期と呼ばれる時期なので、この時期に結婚式をするのがオススメ。

ハネムーンに行きたいのですが、大丈夫ですか?

まずは主治医に相談。ハネムーンへ行く時期や方面、体調によっては、難しいケースも…。
もし、出発する場合は、旅行会社の方の協力を得て、身体を第一に気づかおう。

その他、気を付けることはありますか?

お酒やタバコは厳禁です。薬やレントゲンは主治医と相談を。特に注意は自己判断。不安なことはまず、医師に相談しよう。

おめでた婚のスケジュール

妊娠3カ月

・式場の申し込み ・会社へ退職届を提出 ・披露宴の名簿作成
・案内状の発送 ・新居探しスタート ・結納関係 ・引っ越しの準備

心身ともに不安定な時期なので結婚式はできるだけ避けよう。結婚式の準備も体に負担をかけないような情報収集等からゆっくりと始めていって。両親や友人に 手伝ってもらうのも良いかも。会場を選ぶ時は、準備や移動の負担を第一に考えよう。会場の担当者には必ず妊娠していることを伝えておいて。その上で、しっ かりとしたサポートがあるところなら安心だ。

母体の変化

・乳房が張り、おりものが増えてくる
・つわりがピークになり、メンタル面も不安定に
・便秘や下痢の症状が出てくる人も

体調管理

・食事は食べたい物を食べたい時に
・気分転換のために 外出をしよう

妊娠5カ月

・結婚式 ・ 新婚旅行の準備 ・引っ越し ・結婚報告ハガキの印刷
・運転免許や車。貯金通帳等の住所や名字の変更手続き

この時期に結婚式をするのがオススメ。個人差はあるけれど比較的「つわり」が治まり、お腹もほとんど目立たない。式は体のことを第一に考えて、通常よりも 短かめの進行で、中座を多く取れる内容に。水分を多く取り、少しでも体調が優れないなら我慢をせずに休憩を。会場担当者にその場合の対応をしっかり頼んで おいて。当日はあまり深く考えず、気楽に過ごすことが大切。

母体の変化

・お腹の膨らみが目立ち始める
・乳房やおしりが大きくなる
・胎動を感じる人も
・妊娠線が出やすい

体調管理

・助産士の指導を受け、母乳マッサージを(自分でする時は、お腹の張りに注意して)
・栄養バランスとカロリーを考えた食事を

妊娠7カ月

・出産準備品(赤ちゃんの肌着、おむつ、衛生用品等)の用意
・新婚旅行(国内の場合は母子手帳と健康保険証を忘れずに。海外の場合は、かかりつけの病院の薬を多めに持っていこう)

入院準備品は分娩する病院によって違うので事前に確かめてから、購入する物、人から譲り受ける物等を用意しよう。入院時に自分で持っていく荷物、後から 持って来てもらう荷物の2つに分けておくと整理しやすい。新婚旅行をするカップルは、言葉の通じる国内が安心。海外の場合は、主治医とよく相談しておこ う。出発前に必ず健康診断を受けることも忘れないで。

母体の変化

・お腹が大きくせり出してきて、立ちくらみやむくみ、腰痛、背痛が起こりやすくなる
・胎動を強く感じる

体調管理

・重心が不安定なので足元に注意
・髪の毛の手入れやパーマをかけるならこの時期までに

妊娠10カ月

・仕事をしている人は、34週目から産休に入るので職場に申請を
・里帰り出産をする場合は、予定日の1カ月前には帰省を

いよいよ出産本番を迎える時期。破水やおしるし(少量の茶色い血)が現れたら、すぐに病院に連絡を。いつでも家族と連絡が取れるように、外出時は携帯電話を 持って出かけよう。初めの陣痛から分娩まで個人差はあるけれど、平均は12時間。陣痛が起こってもすぐにお産が始まるわけではないので、落ち着いて準備し て。妊娠週数と陣痛の感覚を先生に伝えて指示を受けよう。

母体の変化

・産道が柔らかくなり、おりものの量が増量
・赤ちゃんが下がり、胃の圧迫感が取れて楽になるが、ぼうこうが圧迫されて頻尿に

体調管理

・お産の徴候(胎動が少なくなる、不規則にお腹が張る等)を見逃さないこと
・陣痛が起こった時のため、遠出は避けて

その1│その2その3

結婚準備の疑問を、ウェディングスタイルで解決しよう!!

ブライダルカウンターで相談する

ブライダルカウンター

結婚に関する疑問や質問を、先輩カップルやウェディングのプロ、ブライダルカウンターが答えてくれるから、ぜひ参考にして!

ウェディングQ&Aで質問する

ウェディングQ&A

会場選びはブライダルカウンターにお任せ。プロのアドバイザーがふたりにぴったりの会場を無料でアドバイスします!



地域の最新ウェディングニュース

お役立ちコンテンツ

ベストカード.jp
ウェディングQ&A

Q&A一覧を見る

「ウェディングスタイル」のご案内

ウェディングスタイル最新号
詳細はこちら

モバイル版ウェディングスタイル

QRコード

左のバーコードから
携帯サイトへアクセス!
会場&ショップ情報も
検索できるよ☆

送信

※当サイトでは、個人情報の通信の際、
SSL暗号化通信を採用しております。